Premiere CS3 で HDV を編集して DVD 化するなど

だーめだ、テープへの HDV 書き出しでも再エンコード掛かって映像劣化してる・・・使えない・・・

Encore 経由で DVD 化したら、なんか映像がぼんやりしちゃう。 HDV からできるだけ綺麗に DVD 化する方法ないかなぁと調べてみたら、どれもすげー面倒。 Adobe 公式の Forum では、 Dan Isaacs って人の Premiere Pro HDV –> SD DVD Workflow なるものが最高だ!ってことになってて、いやーそりゃ AviSynth とか、 TMPEGEnc とか、ゴリゴリやればインタレ維持リサイズとかやって綺麗にエンコードできるだろうけど、そうやって途中で外に出て最後まで統一されたフローでタスクをこなせないモヤモヤ感というか、具体的に言えばせっかく編集時につけたチャプターマーカーが使えないとか、なんだかなぁという感じ。

うーん、もやもや。

ひとまず容量的な余裕がまだあったので、ビットレートを稼ぎまくるなどしてあがいてみる。

と、ここまでやったところで、ぼんやりしちゃうのは MainConcept の MPEG エンコーダも Adobe Media Encoder のリサイズ処理も悪くなくて、実はエンコード設定の詰めが甘かっただけじゃないかという気がしてきた。むむむ。


投稿者:

tnj

すごい!って言ったり言われたりの毎日を過ごしたい
Twitter: @tnj

コメントを残す